ビーグレンでシミが増えたり濃くなった人!原因は好転反応かも!?

ビーグレン シミ 増えた

ビーグレンを使ってたらシミが出来た!?

美白ケアに気を付けている人の中には、シミ対策を重要視している人も多いんじゃないでしょうか?

私も美白に気を使うようになったのがアラサーになってからだったので、
それまでにできてしまったシミには今でも悩まされています。

そんな中、ビーグレンの美白化粧品を使用している人の口コミをチェックしていた時に、
シミが増えた」という感想を見かけました。

ako
えー!?ビーグレンって美白化粧品の中でも有名なブランドじゃないの!?
シミが増えた、なんて事あるの!?

しかも「シミが濃くなった」なんて意見も出てきて、かなり驚いてます。。

でも、ビーグレンってリピーターも多いブランドなんですよね。

シミが増えたり濃くなったりするのに、リピーターが多いのもなんか不思議。

と言うわけで、今回はビーグレン使用者の「シミが増えた」と言われる原因を調べてみることにしました。

ビーグレンに含まれる成分とは?

ビーグレンは化粧水「Cセラム」をはじめとした、
ビタミンC成分を多く配合した化粧品を展開しているブランドです。

ビタミンCは肌にはもちろん、身体にも嬉しい成分ですが、
外から浸透させる化粧品へ効果的に配合するのは難しいと言われていたみたいなんです。

ビーグレンはそんなビタミンCを効果的に配合し、
肌の奥まで浸透させる独自の手法で人気が出たんだと聞きました。

もちろん商品によってさまざまな主成分が配合されているため、
ビーグレンの全ての商品にビタミンCが配合されているわけではありませんが、

今回は「ビーグレンでシミが濃くなった人」向けのお話しなので、
恐らくシミが濃くなった原因になっているビタミンCを取り上げてみることにしました。

ビーグレンを使用した時にシミが増える原因

ビーグレンの使用中にシミが増えたり濃くなったりする原因は、前述したビタミンCにあると思います。

とは言っても、ビタミンC自体は抗酸化作用があり、美白ケアには欠かせない成分なんですよね。

そうじゃなければ、ビーグレンだってビタミンCを配合した化粧品なんて作らなかったと思います。

なら、どうしてビーグレンを使用中にシミが増えたり濃くなったりするのかと言うと、
ビタミンCによる好転反応が理由みたいなんです。

シミが濃くなったのはいい兆し!?ビタミンCによる好転反応

まず最初に知っておきたいのは、美白ケアとシミ対策のアプローチ方法は別、という点です。

シミを薄くする作用と、肌を綺麗にする効果は別々に現れることが多いそうです。

ビーグレン使用中にシミが増えた!濃くなった!と感じた時の肌状況としては、
シミが目立たなくなる前に肌の新陳代謝が進み、

肌の奥に潜んでいたシミが表面に出てきてしなった、という状況なんです。

つまり、ビーグレン使用中に増えるシミは元々潜んでいたものなので、シミが悪化したというわけではないんです!

むしろシミが増えたと感じる時は、ビーグレンの化粧品が効果的に作用している時なので、
シミを気にせずにスキンケアを継続するのがオススメですよ。

結局ビーグレンってシミ取り効果はあるの?

ビーグレンは、個人的には肌を白くする効果を私は感じているので、
シミ取り効果にも期待しています☆

ビタミンCによる好転反応が出る期間はありますが、
その期間が過ぎれば特に気になることはないと思います!

ビーグレン ハイドロキノン

また、ビーグレンのラインナップにはシミ対策用の、
QuSomeホワイトクリーム1.9」という美白化粧品もあります。

これはハイドロキノンという皮膚科でも処方してもらえる成分が含まれているので、
シミのケアを重点的に行いたい方はこちらもおすすめですよ~!

まだビーグレンを使ったことが無い人は、
トライアルセットが安いので、ぜひ試してみてくださいね☆

 

 

使ってみて良かった
美白トライアルキット
↓最新ランキングはこちら↓
美白トライアルランキング