美白になりたいけど元の色より白くなることって可能?

色黒 美白

透き通るような明るい色白美人さんが羨ましい!(+_+)
でももともと自分は色黒だし、元の色より白くなるってできるのかな?
そんな疑問がわきますよね。

そもそも色白とか色黒とか、何で決まるのでしょうか?
美白って元の色より白くなれるのでしょうか?

今回は美白に関する様々な疑問にスポットを当てます!

色白や色黒は何で決まる?

元の色より 白く 美白

肌の色は生まれながら持つメラニン色素の量によって決まっています。
このメラニンというのは日々紫外線を浴びると過剰に分布されて、肌が黒くなる原因となってしまうんです。

元の色より白くなれる?

答えから先に言っちゃいますと、元の色より白くはなれません。(T_T)

生まれながら人の肌の色は決まっていて、今以上に色白にはなれないのです。
でもたとえ地黒であっても美白対策はとっても大事なんですよ!

色黒の人は美白をやっても効果がない?!

自分がもともと地黒なんだと諦めちゃってる方、ちょっと待って下さい!

実は日焼け対策を全然していなかったから黒いだけで、自身の本来の肌の色はもっと明るいかもしれませんよ!

日にそんなに当たらない皮膚を見てみて下さい。
腕の内側とか他の部分より白くないですか?

その色は本来の自分の肌の色です。
ですからその色までは白くできる可能性があるんです♪(´∀`)b

色白の人は日に焼けたくないから紫外線対策をしっかりしている一方で、
色黒の方は美白対策の効果が実感できるまで時間がかかるので、途中で諦めちゃう方が多いんです。

ako
根気よく美白対策をしていけば徐々に元の色までは白くできる可能性が十分あるんだよ~!

元の美白を取り戻すには?

美白対策には様々な方法があります。

UVケア

これ以上色が黒くならないように紫外線対策をしっかりしましょう。

たとえちょっとのお買い物でも結構な量を浴びています。蓄積されると気がついた時には結構日に焼けています。

普段からUVクリームやUVファンデーションを活用して、日差しが強い時は帽子や日傘、UVカバーなどを忘れずに!

美白化粧品を使う

ビーグレン ホワイトセット

次に、美白のために肌のコンディションを整える美白化粧品を使いましょう。
美白効果のある成分にはハイドロキノン、ビタミンC誘導体、セラミド、レチノール誘導体などが有名です。

これらの成分の入った化粧水やクリームを使い続けましょう。
色が黒い方は白さの実感がなかなか現れにくいですが、根気よく続けましょうね☆

>>私が今使っている美白化粧品はこちら

レチノール誘導体

ビタミンAのことで、メラニン色素を外に出す働きがあります。
すでに色が黒くなってしまった色黒の方にピッタリです。

ビタミンC誘導体

お肌の炎症や酸化を抑えてくれます。
例えば日焼けでヒリヒリするような時はこのビタミンCが非常に有効的ですよ☆

セラミド

メラニンの生成を抑えてくれる働きを持っています。
肌の潤いにはこのセラミドがとっても大事になります。

アルブチン

チロシナーゼというメラニンを酸化させて色を黒くする酵素の働きを抑えます。

注意点
これらの美白成分は即効性があるわけではないので、1日や2日ですぐに美白効果は感じられません。
ただ、継続していれば必ず肌にアプローチしているわけですから、気が付かないうちに効果が現れてくるものなのです。

もともと色黒の方が元の色より白くなるのは不可能ですが、今の色をそれ以上黒くならないように今からでも予防することはできます!(´∀`)b!

日焼けしないように早め早めに紫外線対策をするのはもちろん、
できてしまったメラニン色素をそれ以上濃くしないように肌のターンオーバーを促したり、
日焼け対策の化粧品でお肌をケアしたり、できることはたくさんあります。

私も元々の色は白い方ではなかったですが、
今は美白化粧品を使い続けていることで、頬に透明感が出て明るくなりました!

ako
色黒さんも諦めずに美白ケアを続けてみましょう^^

使ってみて良かった
美白トライアルキット
↓最新ランキングはこちら↓
美白トライアルランキング