日焼けが消える期間は?肌の色が元に戻るにはどれくらいかかる?

日焼け

いつの間にか日焼けでまっ黒!

UV対策をきちんとやっていなかったせいか、
服を着ていたところと比較するとくっきりとした日焼け跡が鏡に映るなんて経験ありませんか?

日焼けって消えるまでどれくらいの期間がかかるんでしょう?

元の色に戻るまで人によって違うんでしょうか?

そんな疑問に焦点を当ててみました♪

肌のターンオーバーって?

人の肌細胞の仕組みを知っていますか?

お肌って常に古い細胞がいわゆる垢になって剥がれ落ちて、
次に生まれてくる新しい肌細胞に入れ替わっているんです。

これをターンオーバーと言って、
だいたい普通は28日で生まれ変わると言われています。

でも実際は年齢が高くなるとその28日という期間が、
40日くらいの期間の人もいるので、

加齢とともに肌の生まれ変わりが遅くなってくるんですね。

また、たとえ同い年であっても人によってターンオーバーの期間が違ってきます。

これは新陳代謝の良し悪しによってお肌の生まれ変わるスピードが、
人によって異なるからなんです。

更には乾燥したお肌だとこのターンオーバーの期間が長くなってしまいます。

これは、お肌の脂分の量が保水力に影響しているからなんです。

じゃあターンオーバーが早ければ良い?

ここで注意して欲しいのはそれならターンオーバーは早ければ早いほど良いのかと言ったら、
実はそういうわけではないんです。

肌の細胞が新しく生まれ変わる早さにも限度があって、
あまり早すぎると肌の角質を大量に失うので、

ちょっとの刺激でも肌トラブルを起こしてしまうようなすごい敏感肌になってしまうんです。

ターンオーバーが遅いとどうなってしまう?

日焼け 
日焼けをしてしまうと、まずメラニンが大量に生成されます。

するとこのメラニン色素はお肌の細胞の中に入りこもうとします。

常にお肌の細胞は表皮という所の底から誕生して、だんだん表面の方へ上がっていきます。

その上がっていく時にメラニン色素をキャッチして肌色を生みます。

メラニン色素ができてもそのターンオーバーのおかげで最終的には垢になって剥がれ落ちます。

もしその時のターンオーバーが遅かったら、
結局ずっと色黒の原因であるメラニン色素が残ったままで、

元の明るい肌色になかなか戻らないんです。

また日焼けしてしまうことで色素沈着や取れないシミの塊を作ってしまいます。

ターンオーバーが遅いと前に日焼けした分のメラニン色素がまだ残っているのに、
メラニン色素を上積みしてしまうことになるんです。

肌が元の色に戻るまで日焼けしたくないですよね。

ずーっとメラニン色素が肌の底に停滞したままだと真皮層というところの中に、
メラニン色素が入り込んでしまって、最悪、

色素沈着だとか消えないシミやソバカスなどの日焼け跡が残ってしまいます。

どうすれば理想の期間で肌が生まれ変わる?

加齢のせいで美白を諦めないで下さい。

実は乾燥肌というのもターンオーバーの期間を左右する重要な要素なのです。

女性の肌は男性の肌よりも脂分が少ないというのをご存知ですか?

脂分が少ないと水分を失いやすく、乾燥肌が続きます。

お肌に水分が少ないとターンオーバーの期間も長くなってしまうのです、
日々、お顔への化粧水や乳液を怠らないことがお肌の生まれ変わりにとても良いのです!

いかがでしたか?

日焼けが消える期間は個人差がありますが28日くらいが理想です。

年齢や肌体質によってその期間は異なってきますので、
水分を失わないようにスキンケアは毎日きちんと続けましょう。

そしてお肌が新しく生まれ変わるまでの間は新たに日焼けして、
メラニン色素を上積みしないようにUV対策を心がけましょう!

使ってみて良かった
美白トライアルキット
↓最新ランキングはこちら↓
美白トライアルランキング