エリクシールホワイトは敏感肌の人でも大丈夫?危険性はない?

エリクシールホワイト 成分

敏感肌でもエリクシールホワイトを使ってみたい!

「美白化粧品を使いたい!でも敏感肌だけど大丈夫?」

そんな不安を感じたことはありませんか?

わたしは敏感肌なので、肌に合わない化粧品を使うと、
かゆくなったり顔が真っ赤になったりします。

だから化粧品を買う時はかなり慎重に選んでしまいます。

「エリクシールホワイトを使いたいけど敏感肌だし・・・」と悩んでいる人へ。

エリクシールホワイトは敏感肌の人でも大丈夫?危険性はない?かについて調べてみました!

 

>>【お得!!】ここでしか買えない!資生堂エリクシールお試しセット1,080円

 

エリクシールホワイトは敏感肌でも大丈夫?危険?

例えば、エリクシールホワイトの化粧水である「クリアローションⅡ」の場合、リクシールホワイトには、敏感肌の人は避けた方がいい成分が入っています。

エタノール、水酸化カリウム、ジメチルエーテル、濃グリセリン、フェノキシエタノール、香料など、

敏感肌の人は注意した方がいい成分が含まれています。

敏感肌の人は刺激に弱いので、肌にあわない化粧品を使うと、シミやくすみの原因となってしまうんです。

シミなどの原因となるメラニンは、肌が刺激を感じたときに生成されます。

だから、敏感肌の人は特にメラニンが生成されやすくなってしまいます。

エリクシールホワイトに含まれている、敏感肌の人が避けた方がいい成分を詳しく説明していきますね。

エタノール

肌がヒリヒリしたり、赤みが出る場合の原因は、アルコール過敏により肌が傷ついているからです。

エタノールは「メチルアルコール」なので、アルコール自体に反応が出る人は、特に避けた方がよいですね。

エタノールは皮脂を落とす作用があったり、蒸発するときに肌の水分を奪うので、
乾燥肌にもなりやすいんです。

水酸化カリウム

水酸化カリウムには、今の肌の表面をはがして、新しい肌を作る作用がありますが、
敏感肌の人にはそれが刺激となり負担になります。

水酸化カリウムには、肌がつるつるですべすべになるという特徴もありますが、
敏感肌の人にとってはあまりよくないんです。

ジメチルエーテル

ジメチルエーテルは、揮発する成分なので、肌の水分が奪われてしまいます。

濃グリセリン

敏感肌の人は水分がとても不足しています。

濃グリセリンは肌の水分を奪う作用がありますので、
乾燥が進みさらに敏感肌になる恐れがあります。

フェノキシエタノール

防腐剤の役割があり、この成分で炎症や痛みを感じたという人もいます。

できれば避けた方がいいですね。

香料

香料はいろいろな化粧品でみかけますよね。

実は、人工的な香料には、肌のうるおいを奪う作用があります。

乾燥により肌がもっと過敏になって、肌トラブルもさらに起きやすくなります。

乾燥肌の人が避けた方がいい成分はたくさんありますね。

化粧品の成分表は、最初に書いてあるものから成分が多く含まれています。

敏感肌の人が注意した方がいい成分が最後の方に書いてあった場合も、
肌に合うか合わないかをしっかりとチェックしてから使うようにしましょう

ako
エリクシールはネット限定で安いトライアルセットが注文できるので、初めて使う人はお試しからはじめてね!

>>ネット限定!資生堂エリクシールお試しセット1,080円はこちら

 

敏感肌の人には、ディセンシアサエルがおすすめ

敏感肌だとしても、やっぱり美白は諦められないですよね。

サエル 敏感肌

敏感肌の人の美白ケアとしておすすめな化粧品が「ディセンシアサエル」です。

敏感肌の人は、美白が効きにくいのですが、ディセンシアサエルは敏感肌特有の、
シミやくすみのサイクルに対応してくれる化粧品なんです(*^^*)

サエル 美白化粧水 口コミ

ただ美白してくれるだけではなく、

メラニン生成を引き起こす炎症や酸化を同時に抑えて、
敏感肌の人でも美白や透明感のあふれる肌にしてくれる化粧品

なので、日焼け予防もかねて使うのがおすすめですね♪

まとめ

敏感肌の人が肌に合わない化粧品で美白ケアすると、
余計にシミやくすみがすすむ原因となってしまいます。

しっかりと配合されている成分をチェックしたり、肌に合うか確かめてから使うようにしたいですね。

エリクシールホワイトが気になる方はトライアルセットから試してみるようにし、
もし合わなければ敏感肌用のディセンシア サエルに切り替えてみることをおすすめします!

使ってみて良かった
美白トライアルキット
↓最新ランキングはこちら↓
美白トライアルランキング